爪水虫エフゲン

エフゲンは水虫の市販薬

 

爪水虫を治すのに、水虫の市販薬のエフゲンを使ったけれど効果なしという口コミを見かけることがあります。口コミに書かれているように、爪水虫にエフゲンは本当に効果がないのでしょうか?

 

 

エフゲンは、水虫に効くといわれている市販薬の中では一番知名度がある薬だと思います。

 

そんなエフゲンがなぜ爪水虫には効果なしという口コミになってしまうのかというと、エフゲンは水虫の治療薬で、爪水虫の治療薬ではないからです。

 

 

一般的にいわれている皮膚の水虫と爪の水虫は、同じ白癬菌から起きる水虫でも、治し方が違ってきます。

 

 

皮膚の水虫は、直接皮膚に水虫薬の成分を塗ることができますが、爪水虫の場合は爪と皮膚との間にしみ込ませなくてはいけないので、同じように水虫薬を塗っても有効成分の届き方に違いが出てきます。

 

エフゲンは、液状なのでハケを使って水虫のある所に塗って使いますが、すぐに乾いてしまいます。その分量も多く、塗れる範囲も広いので、足の水虫であればエフゲンを広範囲に毎日塗ればそのうち白癬菌が死滅してくるでしょう。

 

爪水虫の薬は、爪と皮膚の間に浸透させることが大事

 

では、エフゲンが爪水虫に効果がないかというと、何度もこまめに塗ればエフゲンの液状の成分が爪と皮膚との間にしみ込みますから、効果は出てくるかもしれません。またそんなにひどくない爪水虫ならそれでも治ると思います。

 

 

爪水虫は、爪の表面だけでなく、爪と皮膚の間にしみ込ませなければ治りません。

 

 

エフゲンではありませんが、私も皮膚科で爪水虫用の治療薬をもらって塗っていたことがあります。液状で目薬のような小さな容器に入っていますから、比較的塗るのは塗りやすいものでした。

 

それに比べるとエフゲンのハケで爪と皮膚の間に液をしみ込ませるのは少し難しいと思います。

 

 

皮膚科でもらった液状の塗り薬でさえ、半年は毎日何回か塗ってくださいと言われました。そこから考えても、処方薬ではない一般の市販薬のエフゲンを1日1回程度塗ってもそう簡単に爪水虫が治らないのは想像がつきます。

 

爪水虫はそう簡単には治らないのです。

 

 

私の場合は、何度も塗れないし、塗らないことできちんと効果は出ないし…、という悪循環で、皮膚科の塗り薬はやめました。

 

 

きっとしっかり塗ればエフゲンでも爪水虫は治ると思いますが、塗りにくいハケで一日何度も半年も継続して塗るなんてなかなかできないですよね。

 

私の場合のように、塗らなければいくら効果のある薬でも治らないのは明らかです。

 

1日1回で塗りやすければ継続できる

 

私の場合は、結局クリアネイルショットという、他の市販薬で治すことができました。

 

 

この市販薬は、ジェル状なので液状と違ってすぐ乾かずに爪と皮膚の間にしみ込ませやすいこと、1日1回だけ塗ればいいことが、治すことができた理由だと思います。

 

ジェル状だとすぐに乾かないのでしっかり成分が浸透するみたいです。

 

皮膚科の薬も上手く塗らなければ、垂れてくるし直ぐに乾くしで、しっかり成分が浸透していたかは、今から考えれば疑問です。

 

 

エフゲンでも爪水虫が治らないという方は、このクリアネイルショットという爪水虫の市販薬はおすすめだと思いますよ。

 

クリアネイルショットの詳細はコチラ